<   2007年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

下水道処理場(浄化センター)見学

a0020497_13142963.jpg


遠別の下水道は平成8年から工事が始まり、平成12年10月に供用を開始しました。計画人口は3,200人で平成18年の下水道普及率は77.8%です。
この日、処理場(写真上)を見学しました、処理場を管理する㈱メンテックの職員から処理システムの概要を、試験管などにより具体的に説明していただきました(写真左)。遠別の システムは、オキシデーションディッチという微生物による処理方法で、小規模な施設に適している方式だそうです。
流入した汚水は、沈砂池(写真右)で大きなゴミを分別しオキシデーションディッチに流れ、微生物と混ぜられて沈殿地で汚泥と水に分離します、その後塩素消毒し、遠別川に放流されます。
処理された水(写真下)は、殆ど色も臭いも無くなっています。処理場では、安全を期するために、毎日水質の検査をしています。
[PR]
by masakinono | 2007-04-17 14:00 | Comments(0)

活気あふれる遠別漁港

a0020497_1027762.jpg


遠別漁港では、ホタテの稚貝(1年生の貝)を出荷が最盛期を迎え、早朝から漁業者やパートの主婦らで活気づいています。沖合の海中で篭に入れて一年間育てた稚貝は3~4センチに成長しており、漁港の岸壁の作業場で選別して、トラックに積まれてオホーツク沿岸に出荷されます。
遠別漁協のホタテ稚貝の出荷は4月上旬から約20日間、生産高は全水揚げ額の55%を占めます。
[PR]
by masakinono | 2007-04-10 10:58 | Comments(0)

ふきのとう

a0020497_14315427.jpg


長い冬が雪解けと共に終わりを告げて、それぞれ動植物が活発に動き始めました。日当たりの良いところに「ふきのとう」が芽を出してきました。ふきのとうは天ぷらや味噌で炒めてフキ味噌にして食べることが出来るようです。これから遠別は山菜の宝庫で恵みを与えてくれます。5月20日(日曜日)には富士見ヶ丘公園を会場に「山菜まつり」が開かれます。
[PR]
by masakinono | 2007-04-05 15:04 | Comments(0)