<   2006年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

遠別出身装丁家・坂川栄治氏「クロワッサン」でダイエットに挑戦

a0020497_1121540.jpg

a0020497_11211824.jpg
遠別町出身で装丁家として大活躍中の坂川栄治氏。
雑誌「クロワッサン」11月10日特大号の「痩せられる食べ方」コーナーの食生活改善のモデルに登場。
以前は100キロ超の体型でした。一昨年から糖尿病を発病しダイエットに取り組む。
「美味しい物を食べたい欲求と、食べ物を残しちゃいけないという躾、そして奥さんが料理上手だった」と語る栄治氏、今回の3週間で体型にどの様な変化が起きるのか」乞う御期待!


[PR]
by masakinono | 2006-10-30 11:25 | Comments(0)

かあちゃんふれあい広場2006

a0020497_10194347.jpg

10月22日日曜日、羽幌町において留萌管内の農業関係女性部の集い「かあちゃんふれあい広場2006」が開かれました。会場は羽幌町車輌総合車庫で、南は増毛町ハマナスから遠別町までの約10グループほどが参加し、自慢の農産物や加工品を販売しています。遠別町からはフレッシュ市場「花菜夢」、ドライフラワーサークル「彩」、裂き織りサークル「織ひめ」、農産加工研究会「虹」、花だんご「花の里」の5グループが参加し会場内の話題を集めていました。同会場では、牛乳の消費拡大や留萌管内米のPRも行なわれていました。
[PR]
by masakinono | 2006-10-23 10:27 | Comments(0)

収穫作業の終了した遠別原野

a0020497_1601949.jpg
10月も中旬となり、遠別町内のほとんどの水田で刈り取り作業が終わりました。作付面積は凡そ530haで、ほとんどがもち米を作っています。昨年は5万5千俵の出荷で反収も10.5俵と過去に例のない豊作となりました。今年も、田植えの終わった春先から天候に恵まれ、襲来した台風の被害も受けずに収穫を迎えました。現在乾燥調製作業の真っ最中ですが、収量品質ともに豊作であった昨年より少ないものの良い出来栄えのようです。
農家は、排水処理など水田のケアを行なっています。
写真は共栄地区の上空から中央久光方面を写しています。

[PR]
by masakinono | 2006-10-12 16:16 | Comments(2)

収穫の秋なのに・・・・・

最北の稲作地帯と言われた遠別、今が収穫作業の最終段階になっています。

しかし、この時期農家では米の乾燥機がフル稼働しています。乾燥機というのはジェットヒーターが付いた大きな枡を下から熱と風で米を乾燥させるのです。なので「火」を使います。

そうなると火災事故が以前はよくあったのです、それが10月4日、7日と連続して発生しました。

一年間、手塩にかけて育て、収穫したものが一瞬にして灰になるのです。「米」という字を分解すると八十八となって、お百姓さんがそれだけ手をかけて収穫するものといわれています。
それなのに、火災で失ってしまうのは、米だけでなく、意欲もそいでしまいます。
どの様に、慰めて良いのか思いつきませんが、気を取り直して来年に向けて歩みだして欲しいと思います。

【初の画像なしの投稿】
火事の現場に行って現場の直近で様子を見守っていました、しかし、カメラを持っていたのですが写真はどうしても撮れませんでした。農家の感情を思うと、写せません。ブログは、報道ではないと思います、画像がなくても自分の感じたことをお知らせできたと思います。
[PR]
by masakinono | 2006-10-07 11:57 | Comments(1)

坂川文庫・ふるさとに思いを寄せて

a0020497_13405884.jpg
遠別町出身で、東京で装丁の仕事をしている坂川栄治さんは、遠別に平成7年から「町民や子供たちの知識や教養の向上のために」とこれまでに1,700冊の書籍を寄贈しています。遠別町生涯学習センター(マナピイ21)の図書室には「坂川文庫」として専用コーナーが設けられて、町民に貸し出しされて親しまれています。
a0020497_1341787.jpg「坂川文庫」は、遠別町立国保病院の外来待合室にも設けられております。贈られた書籍は専門図書から一般単行本、児童向けの絵本まで幅広く外来で訪れる町民や入院患者さんに憩いを与えています。
坂川栄治さんのプロフィール
1952年遠別町生まれ。天塩高等学校卒業後北海道美術専門学校に就学。87年に東京青山でデザイン会社「坂川事務所」設立。書籍の装丁を手がけ、1993年に講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。広告、カタログ、CDデザインなど幅広く活躍中。執筆活動も積極的で、2002年「写真生活」(晶文社)、2003年「遠別少年」(リトル・ドック・プレス)、2005年「光の家具、照明」(TOTO出版)、「フムフムおじさんの捨てられない手紙の書き方」(ビジネス社)などがある。
[PR]
by masakinono | 2006-10-02 14:02 | Comments(0)