<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

遠別農業の開拓

a0020497_153364.jpg

開拓の歴史
明治29年、遠別原野等が植民地に選定され翌30年の春から入植者が入ってきた。越前団体、愛知団体、尾張団体、秋田,千葉から入植者が遠別原野に広がって行った。
 入植当時の遠別は、北海道の他の多くの植民地と同じく、見渡す限りの原始林が空を覆い、地面を笹や草が埋め尽くしていた。入植者の最初の仕事は木を伐採し土地を切り拓くことであった。密林の開墾は困難をきわめた。大きなマサカリで傷をつけて枯らしたり、大木の根元に木を寄せかけて火の力で燃え切らせて倒したりするなど、時間のかかる作業であった。またヒグマや害虫などにも悩まされる日々が続く。伐採が終わると今度は土地の開墾、そして耕作と進んでいく。木を切り、笹を刈るとすぐ鍬で削って畝を作り、南瓜、馬鈴薯、小豆、粟など少しずつ蒔いたという。しかし、播種期の遅れと秋霜とが重なり、入植当初は十分な生育を見なかった。唯一収穫に結びついたのは馬鈴薯で、入植者の大切な主食となった。
a0020497_1531812.jpg
開基以後、遠別の農業は麦や豆といった畑作が中心であった。寒冷な気候という条件に加えて、明治政府や開拓使などは畑作を奨励していたからでもあった。しかしほとんどが本州からの入植者たちは、開拓地で畑作に打ち込みながらも「この地でなんとか米をつくってみたい」という夢を捨てなかった。入植後すぐに水稲栽培を試みた者もいたが、なかなか成果には結びつかなかったようだ。明治34年、本原野24号において南山仁太郎が先ず福井県産の種子による苗植法で試作、これは芳しくなかったものの、2年後には上川産の種子で植付けをし、かなりの収穫を得たという。これが遠別での稲作の発祥となった。「稲作北限のまち」の歩みは、ここから始まったのである。
 彼に倣って各地域で水田熱が起こり、更に土功組合の設立(大正10年)でかんがい溝の竣工などで急速に水稲栽培が本格化した。
a0020497_1532843.jpg

水稲経営の転換
日本最北端の稲作の限界地といわれる厳しい自然条件下においても、稲作の経営は拡大の一途をたどり、昭和44年には1,280haの作付けを行う稲作専業地域となった。しかし、水田利用再編対策によりこれまでの多収重点の稲作から良質米の生産が一層重視されるようになった。当町は「しおかり」の生産が主体であったため、消流生が乏しく稲作経営は厳しくなってきた。農協・生産者の協議により当地帯に適合性の強いもち米(おんねもち)の生産拡大を決定した。良質菜もち米を安定的に生産・出荷するため生産組合が設立された。水稲農家の92%が組合に参加した。
 昭和58年9月に全国農業協同組合連合会よりもち米生産団地の指定を受ける。


[PR]
by masakinono | 2006-09-19 15:13 | Comments(1)

黄金色の秋、もち米の収穫始まる

a0020497_14434821.jpg
最北のモチ米産地”遠別”では、刈り取り作業が始まりました。昨年は気候に恵まれて大豊作でした、今年もこれまでのところ、順調な生育となっており豊作を予感させてくれています。快晴のこの日町内久光地区では、大型のコンバインがうなりを上げて刈り取り作業を行なっています。
a0020497_14435928.jpgコンバインで刈り取られた米は、トラックで運ばれてライスセンターで乾燥調製が行なわれ、検査を受けて出荷されます。
遠別では、稲作農家全てがモチ米を作っています。水田の面積は凡そ530haで、品種は「はくちょうもち」「風の子」といいます。
この刈り取り作業は、10月中旬まで続きます。

[PR]
by masakinono | 2006-09-17 14:55 | Comments(2)

遠別漁港に人々が集う

a0020497_15322721.jpg
9月10日遠別漁港中央埠頭で第1回えんべつ豊漁まつりが遠別漁業協同組合の主催で開催されました。この日は未明から雨が降り出し開会が危ぶまれましたが、開会前にはあがり多くの人が海の恵みに感謝しました。
a0020497_15272116.jpg

午前10時に花火を合図にまつりは開会し、遠別のよさこいチーム「燕」の演舞で幕を開けました。ステージではホッキ貝釣りに子供たちがチャレンジしたあと、抽選券つき珍味まきが行なわれました。特設の売店では水産加工品や一ザル300円のサンマに行列が出来ていました。

a0020497_1533868.jpg蓄養施設を利用して、サケのつかみ取りが行なわれ、子供たちは服を濡らしながらも楽しんでいました。つかむことの出来ない子供も漁師のお兄さんに手伝ってもらって全員サケを持ち帰ることが出来ました。
a0020497_15331943.jpg
このイベントには、留萌開発建設部が漁港整備をPRするパネル展を開設していました。また、ヒラメの稚魚の放流体験を遠別漁港内で行なっていました。

[PR]
by masakinono | 2006-09-11 16:03 | Comments(0)

遠別の海で獲れた美味しい魚盛りだくさん

a0020497_1511911.jpg

遠別の海の幸が盛りだくさんに勢ぞろいする「えんべつ豊漁まつり」が9月10日遠別漁業協同組合主催で開催される。会場は遠別漁港中央埠頭で、漁港の中央部で天気が良ければ秀峰利尻富士を望むことが出来ます。
当日は、午前10時開会し、よさこいチーム「燕」の演舞、サケのつかみ捕りが午前10時30分、午後1時と2回催される。このほか、大道芸や歌手の原大輔さん・高瀬まみさんの歌謡ショーが行なわれる。遠別で取れた新鮮な魚貝類、さけ、ホッキなどの販売は午後1時から行なわれる。イベントは午後2時終了予定となっている。

[PR]
by masakinono | 2006-09-07 15:32 | Comments(0)

第1回遠別農業まつり

a0020497_15193321.jpg
9月3日日曜日、第1回遠別農業まつりがJAオロロン遠別支所駐車場を会場に開催されました。秋晴れに恵まれた、この日は格安の農産物を求めて午前10時の開会を待ちわびた多くの人が訪れました。メロン、じゃがいも、やかぼちゃなど山のように詰まれた農産物は瞬く間に小さくなっていきました。
a0020497_15194225.jpg
ステージでは、樹遠太鼓演奏のあと水野健一さん(中央)のマジックショーで会場を沸かしていました。ジュース早飲みや持ち寄った品々のオークションなどステージは楽しいゲームで盛り上がっていた。会場はバーベキューコンロが用意されておりそれぞれで茂野牛の焼肉に舌鼓を打っていた。

[PR]
by masakinono | 2006-09-05 15:32 | Comments(0)

来店感謝!リンケージ

a0020497_11535138.jpg
9月2日、3日と札幌大通り公園で開催された、リンケージアップフェスティバル「第13回札幌大通ふるさと市場」に遠別町も参加しました。遠別町は大通り8丁目、道北・道東エリアが集まっています。多くの皆様に来店頂きました有難うございました。
a0020497_1154073.jpg
今年の出展は、長いも、かぼちゃ、そして花菜夢の野菜を中心に出品しました。大変好評で、売り切れたものも多数あり、3日遅く来店された方にはご迷惑をおかけしました。これからも最北の野菜生産地域をPRしていきます。

[PR]
by masakinono | 2006-09-04 12:02 | Comments(0)