<   2006年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

遠別フェア【丸井今井札幌】

a0020497_181231.jpg
遠別の特産品を集めた、特産品フェアが丸井今井札幌店で開催されます。6月28日から7月4日までの一週間は地下1階食品売場、これと平行して7月1日と2日は大通り館特設会場の2ヶ所で開催されます。主な出品は、トマトジュース「北の赤いしずく」、鮭の山漬け、長いも、煮タコ、タコ珍味、純米酒「北吹雪」、最北のもち米、小豆など、遠別を代表する特産品が勢ぞろいです。そして、生そばは、遠別産そば粉を使うそば処「北風美」からの出品です。

a0020497_1811376.jpg

今回のフェアではこれまで、一度も町外へ出なかった、「俵最中」、「遠別旅情」の銘菓が初出品です。
[PR]
by masakinono | 2006-06-27 18:17 | Comments(1)

盛況だった温泉フェスティバル

a0020497_1604523.jpg
6月25日日曜日、旭温泉でリニューアルオープン1周年を記念しお客様に感謝する温泉フェスティバルが開催されました。この日は、朝から霧雨が降り開催が心配されましたが12時の開会時間には時々晴れ間の見える天気に回復しました。旭温泉の開館する午前8時から多くのお客さんが来場し2ヶ所ある休憩所(大広間)は満杯になっています。フェスティバル会場も次々を訪れる人で観客席は満席になりジンギスカンコーナーは思い思いに焼肉を楽しんでいます。
12時30分 遠別町出身の竹之内善仁さんの所属する「オイルマン」の演奏で幕を開けました。友人や知人の声援を受けて演奏しておりました。勝田笑玉社中の民謡ショーのあと、遠別町出身の半澤悠さんの所属する「ZAQ」の演奏で会場は盛り上がっていました。「もちまき抽選会」では豪華景品を目指して餅を求めていました。
a0020497_1605724.jpg
【ZAQ】北海道にある音楽スクールスタジオ・ランタイムで結成された。2005年7月27日「始動」でインディーズデビューを果たした。現在北海道を中心にライブ活動中。

[PR]
by masakinono | 2006-06-26 16:24 | Comments(0)

旭温泉フェスティバル(6月25日)

a0020497_1531318.jpg
【旭温泉フェスティバル 平成18年6月25日 正午から午後4時】
旭温泉は、浴室を改修しリニューアルオープンして1年が過ぎました。この間、多くの方に利用して頂きました。このことへの感謝を表わすイベントが旭温泉の特設会場で行なわれます。会場では、味自慢のジンギスカンの屋外焼肉コーナーで味わい、ステージでは遠別町出身者が参加する2組のバンドと歌謡曲・民謡ショーが会場を盛り上げてくれます。

屋外メニュー   ジンギスカン1人前 600円、生ビール 300円等。
ステージ
12時30分  オイルマンライブ
13時25分  勝田笑玉社中民謡
14時20分  ZAQライブ
15時15分  もちまき抽選会
もちまき抽選会(もちまきの袋の中に抽選券が入っています)1等 旭温泉フリーパスポート 1本、2等 旭温泉1泊2名宿泊券 2本など景品多数

a0020497_1531428.jpg【ZAQ】(写真) 2004年5月結成。V0.Ag.Keyの女性3人編成バンド。アコースティックを基調とし、人・自然に対する「ありのままの姿」を音楽的コンセプトに作詞・作曲は全てメンバーが手がける。北海道ならではの大地・大空を感じさせる自然と素朴、そして強くもあり弱くもある人と人との繋がりを彼女達の感性で鋭く突く。ボーカルの悠さんは遠別町出身。2005 11/23 1stAlbum「ZAQ 1」リリース
【オイルマン】2002年10月結成の札幌在住スリーピースバンド 、月3~4本のライブを精力的にこなし続ける。自主企画「油祭り」は毎回200人を越える集客力を誇る。
一度聴くと耳から離れないインパクトがある。“聴く人全てに届けたい”という思いが切実なまでに伝わるライブは各地でに動員を増やしている。ドラムのZENJIさんは遠別町出身。

イベントのお問い合わせは 
〒 098-3531
  天塩郡遠別町字旭294番地
  旭温泉
  株式会社 東洋実業
電話 (01632)7-3927
 
[PR]
by masakinono | 2006-06-21 16:15 | Comments(2)

「エゾカンゾウ」黄色い絨毯

a0020497_934378.jpg
金浦原生花園では「エゾカンゾウ」の黄色い花が咲き誇っております。広大な敷地の中は黄色い絨毯を敷きつめたようになっており、今が見ごろとなっています。
a0020497_9345187.jpg
国道232号線日本海オロロンラインに面した遠別町内にあって、遠くは利尻富士を望む風向明媚なところです。駐車場が設けられておりカメラを手にした人がエゾカンゾウと日本海に浮かぶ利尻富士をバックに撮影していました。

[PR]
by masakinono | 2006-06-19 11:58 | Comments(0)

牧草の刈り取り作業が本番

a0020497_919169.jpg
町内の酪農家では、冬の間牛く食べさせる牧草の収穫作業が本番を迎えています。機械で刈り取りされた草は1日乾燥されて大型の機械を使って丸く固められます。広い牧草畑には丸められた牧草(ロール)が点々と広がります。このロール1個は約300kgあって乳牛30頭が1日に食べることが出来ます。
a0020497_9191365.jpg
ロール牧草は、このまま保存されるものと、プラスチックフイルムを巻きつけラップ牧草にされるものがあります。ラップ牧草は白、青、黒などがあり、この時期の北海道の酪農(草地)の景観を作っています。

[PR]
by masakinono | 2006-06-16 09:39 | Comments(0)

安心・安全な生産物へ

a0020497_16173391.jpg
【遠別町歌越 : 歌越堆肥製造センター】
遠別町は、北海道の日本海に面し農業と漁業を主な産業とした町です。
特に農業は最北のもち米産地となっております。寒冷な気候、土地条件の有利さを活かし農薬や化学肥料を少なくした安心安全な生産物の取り組みを行なっています。
遠別は酪農も盛んで生産高は農業の1/2を占めております。酪農から発生するふん尿を堆肥センターで堆肥化し畑作農家に供給しています。米農家で発生する籾殻は籾殻堆肥製造センターで堆肥化し稲作農家へ還元しています。
このように地域で発生する資源を有効に循環するように整備を行なってきました。また、下水道汚泥の堆肥化施設も建設中であり、地域の資源を地域内で活用する循環型のシステムを整備しています。
漁業では、消費者に安心して水産物を提供できるように衛生管理型の漁港づくりを進めております。
遠別町は主要産業である農業・漁業が連携し、地域全体で安心安全な生産物が提供できる環境に配慮した町づくりを進めています。
[PR]
by masakinono | 2006-06-09 16:22 | Comments(0)

最北はもうすぐ夏

a0020497_11122369.jpg
6月上旬の富士見ヶ丘公園では、管理棟周囲のしばさくらが満開になっています。


a0020497_11123488.jpgしばさくらに蝶が舞い降りていました。最北の遠別にも夏が来るのはもう間近です。
公園内は八重桜も咲いて来る人の目を楽しませてくれています。

[PR]
by masakinono | 2006-06-05 11:27 | Comments(2)