<   2006年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

暖かさ満喫・旭温泉

a0020497_1311259.jpg

日本海オロロンラインの国道232号線の「旭温泉」の看板から山へ6キロ進むと隠れた秘湯と呼ばれている「旭温泉」があります。昭和54年の開湯以来、名湯(ナトリウムー塩化物泉)として親しまれてきました。昨年4月浴室のリニューアルにより、浴槽が大きくなったのと、道の駅富士見にある温泉井から運び込んだ富士見の湯(ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉)の2湯を楽しむことが出来ます。露天風呂、家族風呂も新設されました。
a0020497_13111633.jpg露天風呂からの眺望は、一面の雪。周りの森林も真っ白な綿帽子をかぶっています。春は桜、秋は紅葉と彩られた山々も今は白と黒のモノクロの世界となっています。
a0020497_13112688.jpgこの季節の旭温泉は、深い雪につつまれています。暖かいお湯を求めて多くの人が訪ねてきます。
旭温泉 電話 01632-7-3927 日帰り入浴 午前8時~午後10時 大人500円、小人200円 
宿泊 一人一泊 6,400円から 
営業は年中無休

[PR]
by masakinono | 2006-01-23 14:05 | Comments(2)

初漁・遠別漁港

a0020497_13144769.jpg
1月10日は遠別漁協の初出漁でした、穏かな天候に恵まれて凪の中での出漁となりました。遠別漁港の冬の漁獲の大半は「たこ」漁です。この日は順調に水揚げされ、港は久しぶりの漁に湧いていました。
a0020497_13145989.jpg1月11日は、船玉祭。遠別神社で、船の神様の船玉様に漁師たちの一年の海上安全や豊漁を祈願します。

遠別漁港は、好漁場である日本海北部武蔵堆の最短に位置する避難港であり、道北地域の活魚陸揚げの中継基地やホタテ養殖漁業、タコ函漁業、定置網漁業など根拠港として整備が続けられており、真冬の厳しい日本海にあっても穏やかな港内が確保されています。

遠別の漁業は、ホタテ養殖が主体となっており、秋の鮭漁、年間を通してのタコ漁となっています。また、漁協直営のタコ加工場では年間1,300トンほど加工販売しております。直売所の取り組みも、道の駅「富士見」で行っております。


[PR]
by masakinono | 2006-01-11 13:38 | Comments(0)

遠別神社・遠別人の初詣

a0020497_11231539.jpg

a0020497_11232525.jpg遠別神社
「神道指令」の発令により国家神道の制度が廃止されたのは昭和20年(1945年)12月15日である。昭和28年4月宗教法人「遠別神社」として新発足することになった。
現在、宮司は第5代目として平成2年7月2代目宮司猿子政一の長男猿子尚弘が就任している。尚、町内には久光、中央、旭、歌越、北里、丸松、啓明、清川1・2・3の10社が各地に存続し開拓移住当初より地区の人々が開拓の精神的支えとして今日も継続護持している。(出典先:遠別町史 第2巻)


[PR]
by masakinono | 2006-01-08 11:25 | Comments(0)

明けましておめでとうございます

a0020497_11284742.jpg

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。我が家の「プリンちゃん」と共に新春のお喜びを申し上げます。
[PR]
by masakinono | 2006-01-01 11:31 | Comments(0)