<   2005年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

取り残された野菜は・・・

a0020497_1127032.jpg取り残された野菜は、真っ白い雪の中に緑のみずみずしさを示しています。
a0020497_1127122.jpg(エゾシカが食べたダイコン)人の食が終わった後は、野生の動物のご馳走に。
a0020497_11272188.jpg(エゾシカの通路)エゾシカの増頭は、農業の大きな問題になっています。被害が大きくなった農地は作付けを止め、荒廃地となっていきます。

[PR]
by masakinono | 2005-11-25 11:31 | Comments(0)

坂川栄治氏「捨てられない手紙の書き方」

「貴方が見えてくる手紙」を書きましょう。
遠別出身のデザイナーで装丁家の坂川栄治氏が「光の家具」照明(TOTO出版)、「写真生活」(晶文社)、「遠別少年」(リトル・ドック・プレス)に続く4冊目になる「捨てられない手紙の書き方」(ビジネス社」を発刊しました。
a0020497_13101198.jpg
文例集なんて捨てなさい!「自分流」手紙の奥義(その1)一生懸命に勝るものなし(その2)手紙でいいカッコをしようとすると失敗する(その3)文例集を使うと失礼なり(その4)出して開き直るのは、舌とラブレターと離婚届け(その5)慣れてしまえばポイしよう文例集

「手紙の書き方」と言うと、いかにもマニュアル本というように思われそうだが、少年期の自らのラブレターと彼女への思い、手書きの手紙の温かさと真心等について書かれてあり、エッセイ集といった趣。読み終わると、早速手書きの手紙を書きたくなってくる、肩の凝らない素直な気持ちになれる一冊。
著者紹介 坂川栄治(フムフムおじさん) 1952年遠別町生まれ。装丁家、アートディレクター。1987年坂川事務所を設立。1993年講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。広告、PR誌、カタログ、CDなど幅広いアートディレクションで活躍中。

「捨てられない手紙の書き方」(ビジネス社)定価:本体1,500円+税
[PR]
by masakinono | 2005-11-21 13:28 | Comments(0)

番外編・・・運河だけじゃない・小樽

小樽は、運河通りに観光施設が集中しています。しかし、街中には歴史ある街・小樽を象徴する建物が溢れています。
小樽は1869(明治2)年に札幌に開拓使が設置されると重要な港湾と位置付けられて、1880(明治13)年に道内で最初の鉄道が手宮と札幌間に開通しました。1889(明治32)年に国際貿易港に指定されて急速に発展した。回漕店、問屋、銀行などが軒を並べ繁栄した。

「小樽市指定歴史的建造物」以外にも、数多くの歴史的な建物が現存しています。その中から、旧光亭(現罐友クラブ)、旧板谷邸(現海宝楼)、そば屋藪半を訪ねました。a0020497_1450732.jpg板谷邸を少し下ったところに数奇屋造りの旧料亭「光亭」小樽店があります。昭和12年に建築された檜造りの重厚な建物です。かって、この料亭を舞台に数多くの政界や財界の有志が夜な夜な芸者をあげ三味線の音と共に盛り上がっていたのでしょう、今でもその雰囲気を醸し出しています。

a0020497_1451114.jpg板谷宮吉は、汽船を元に、日清・日露戦争を経て板谷商船株式会社を設立し、海運業から山林、農場経営と手を伸ばし「板谷王国」と呼ばれるほど成長した。大正15年に運河を見下ろす小高い丘に1,500坪の敷地に130坪の大豪邸を建設し、邸内にはレンガつくりの防空壕も作られています。この度、大掛かりな改装を行い「海宝楼」として一般公開されました。温浴施設をはじめ和食やフレンチの食事処も設けてあります。
a0020497_14511492.jpgそば屋藪半は、現店主が二代目で、昭和29年、先代・小川原昇(おがわら あきら)・豊子夫婦の手によってオープンして、創業50有余年になります。昭和61年二代目店舗は焼失し、石蔵だけが焼け残るという事態に直面致します。再スタートを目指している最中に、小樽市富岡町の回船問屋の豪邸「伍楽園・旧金澤友次郎邸」が残念ながら解体される事となり、所有者の厚意により母屋部分の黒檀や紫檀、樹齢数百年の赤松、濡縁の欅、杉丸太、彫刻欄間、皮付丸太の格天井、手割柾葺の化粧天井、御影石の土台等、母屋部分の部材を移築・再生し、昭和61年8月7日に竣工し、今日に至っています。

[PR]
by masakinono | 2005-11-17 14:54 | Comments(0)

遂に本格的、積雪が・・・

a0020497_1314141.jpg

昨日からの雨が、夕方から雪に変わり、平地や道路にも積雪となりました。昨年は10月27日の初雪から積雪になりましたが、今年は暖かい日が続いたので、今日が始めての積雪です。朝は道路はアイスバーンになっていて、自動車は徐行運転をしています。冬囲いもすっかり終えて雪が降るのに備えています。
[PR]
by masakinono | 2005-11-15 13:06 | Comments(0)

ほんの少しの初雪

a0020497_10435464.jpg昨日からの雨が夜半過ぎに雪に変わり、朝には少しの積雪が見られました。昨年の初雪は10月27日だったので、今年は12日遅れでした。これまで暖かい日が続いていました、冬が間近にきている感じがしなかったのですが間違いなく冬は迫っています。道路には積雪は見られずこの雪もまもなく融けて消えるでしょう。
a0020497_1044457.jpg天気予報では、道北各地は雪マーク。特に留萌地方は吹雪きの予報。道路カメラを見ると、石北峠・中山峠は圧雪のようです。

[PR]
by masakinono | 2005-11-09 12:50 | Comments(0)

時計台コンサート(オペラ歌手:三浦志緒理さん出演)

a0020497_14442236.jpg
NPO法人 札幌室内歌劇場 時計台ミニコンサートが2005年11月11日(金)午後7時から札幌時計台2階ホールで開かれます。
ミニコンサートは、7時の時計台の鐘から8時までの気楽なコンサートです。演奏家の個性を楽しむことが出来ます。遠別町出身のオペラ歌手「三浦志緒理さん」が出演します。
a0020497_14391126.jpg

三浦志緒理さんは、9月に遠別町で開催された、室内楽の「リ・アルティジャーニ ジャパンツアー2005イン遠別」にゲスト出演しドニゼッティの「ジプシーの女」などを感情豊かに歌い上げ聴衆に感動を与えている。
a0020497_14392144.jpg

ミニコンサート 1回券 1,000円 チケットの申し込み先は 札幌室内歌劇場 ℡ 011-588-4738
主催:NPO法人札幌室内歌劇場  後援:札幌市・札幌市教育委員会

[PR]
by masakinono | 2005-11-01 14:58 | Comments(0)