<   2005年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

いよいよ、4月1日オープン、旭温泉

明日、4月1日旭温泉がリニューアルオープンします。
3月1日から改修のため、休館していましたが、待望の再開です。
a0020497_1719532.jpg

a0020497_1720712.jpg
旭温泉は、昭和47年にガスボーリングにより自噴した温泉水を利用した「健民センター」として始まりました。その後、昭和52年に宿泊施設を建設して現在の旭温泉の基礎となりました。
これまで、山間の静けさや、薬効豊かなお湯が喜ばれ、病名の如何にかかわらず、湯治や治療に訪れる人がいます。
今回の改修で、薬効豊かな旭の湯(ナトリウムー塩化物泉)と美肌効果の高い富士見の湯(ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉)の2湯を楽しむことが出来ます。
営業時間は午前8時から午後9時  日帰り入浴料は 大人500円、小人200円です。
ご予約・お問い合わせは 01632-7-3927


[PR]
by masakinono | 2005-03-31 17:36 | Comments(0)

遠別町特産品直売協議会

地域連携型の取り組み 本年度のOPENは4月22日(金曜日)
a0020497_1312931.jpg

遠別町は第1次産業を基盤として産業構造が出来上がっています。それらの経営は、原料供給か加工品原料として、町外に出されています。地元での消費や販売量は少量で遠別産商品の知名度・認知度が低い現状でした。そこで、地元で取れたもの、生産されたものを直接販売することにより、知名度、付加価値などの向上を目指して、平成14年に農業協同組合・漁業協同組合・商工会の共同事業として道の駅「富士見」に特産品直売所の取り組みを始めました。

取り扱っている商品は、農協は、地元で取れた野菜を中心に、農家の奥さんが作った、トマトジュースやお菓子などの加工品を扱っています。漁協では、遠別ブランドとして定着しつつある、「たこ」の加工品を中心にホタテの製品を販売しています。今年から、直売所に「生け簀(いけす)」を設け、活魚の販売も始めます。商工会では、「ほくほくせい」という食堂を設けました。人気は、地元産たこを使った「たこやき」です。

a0020497_14274739.jpg
このほか、道の駅「富士見」には、遠別リゾートが経営する直売所があり「ソフトクリーム」が好評。農協女性部「花菜夢(かなむ)」が地元野菜の直売を、日曜日ごとに開催しています。

[PR]
by masakinono | 2005-03-29 14:29 | Comments(0)

旭温泉、4月1日リニューアルオープン

昨年から、建設していた旭温泉の新しい浴室が完成し、4月1日からリニューアルオープンします。新浴室は、これまでの旭の湯と富士見の湯を運び入れ、2種類の温泉を楽しむことが出来るようになりました。2つの浴室は、洋風・和風と異なっており、偶数日奇数日で男女入れ替えを行います。入浴料は、大人500円(中学生以上)、小人200円(小学生以上)入浴時間は、午前8時から午後9時。年中無休ですが12月31日、1月1日2日は休館。遠別町内からは1日3便の無料バスが運行します。お問い合わせは、旭温泉 電話01632-7-3927へ。
a0020497_11284174.jpg

[PR]
by masakinono | 2005-03-26 11:31 | Comments(1)

広報えんべつ17年3月号

もうすぐ、春待ち号。冬のなごりの冬まつりも
a0020497_17222020.jpg
トップページには2月12日・13日に開催された冬祭りの様子が紹介されています。
内容は当BLOGをご覧ください。
◎遠別町自立のまちづくり研究会の取り組み状況について(第3回)・ふれあいセンターについて(利用者の減少や建物の老朽化により平成17年3月末で廃止)・公衆浴場入浴料について(現在65歳以上の方は無料であったものを200円とする)・納税奨励金について(自主納税を基本としていることから、経過措置を設け廃止する)・株式会社遠別観光公社運営補助金について(平成17年から運営補助から業務委託方式とする)

a0020497_17223152.jpg
◎安全に非難するために
・災害のポイント(近所に声を掛け合って集団で行動しょう。)・備蓄食糧について(遠別町では備蓄食糧は用意していません)・災害伝言ダイアル「171」
◎まちの話題  ・女性ドライーバーの会が社会貢献賞を受賞・JA女性部生活工夫展が大賑わい・遠別商工会「ポイントカード」取り入れる
a0020497_17224436.jpg
遠別町の人口 3,457人(平成17年2月28日現在)男 1,690人 女 1,767人 世帯数  1,435    交通事故死ゼロ  131日

[PR]
by masakinono | 2005-03-25 17:43 | Comments(0)

番外編ⅩⅡ・・・季節料理「都瑠(つる)」

宮の森、大倉山ふところに佇む極上の時間
a0020497_943781.jpg

札幌の奥座敷、都心から車で15分ほど。円山公園・北海道神宮の緑樹を縫って大倉山へ向かう坂道の途中に「季節料理都瑠」がある。

a0020497_9431736.jpg落ちついたたたずまいの中で四季折々の風情とともに、美味しい和のしつらえ。
a0020497_9432748.jpgお昼も、リーズナブルで和の極意を堪能することが出来ます。写真は、てんぷらご膳。そのほか、メニューは豊富。

〒064-0952 札幌市中央区宮の沢2条16丁目12-3
℡ 011-611-5062  ホームページ http://www.turu8.com
営業時間 昼の部 11:30~16:00 夜の部 16:30~23:00
[PR]
by masakinono | 2005-03-22 09:56 | Comments(0)

ふるさと小包・遠別郵便局(吉兆ながいも)

えんべつの特産品を「ゆうパック」でお届けできます。
第1回目は「吉兆ながいも」を紹介します。
a0020497_1365896.jpg


a0020497_137977.jpg 遠別町は、寒冷地でありながら、日本海の暖流の影響を受け温暖で米づくりの北限となっています。この地域は豊かな自然を生かし「くらしと命の里づくり」をテーマに安全安心な農産物つくりに取り組んでいる。「有限会社グリーンファームえんべつ」(大垣尭雄社長)は平成15年に農業者とともに法人を設立し建設業から農業へ参入した。経営は長いも2.0ha、かぼちゃ1.5haを作付けしている。経営理念は、クリーン農業の推進として、安心安全な農産物に取り組んでいる。
「ながいも」は消化促進作用が抜群で、アミラーゼ、オキシターゼなど多くの酵素を含み、体タンパクの生合成力を高め、美容、スタミナ増進の自然食品として健康を守ります。

冬期間雪の下の畑の中に保存した雪中掘りで、自然の甘さが増加している。重機を使って長いもの収穫。
a0020497_1371862.jpg
【ながいもステーキ】レシピ(4人前)ナガイも(すりおろし)・・・400g、ねぎ(小口切り)・・・中2本、たまねぎ(みじん切り)・・・100g、卵・・・大1個、A.魚粉・・・大さじ4、みりん1、塩小さじ1/2、トンカツソース・・・適量、トマトケチャップ・・・適量、油・・・適量[作り方]1.いもはボールに入れ、ねぎ、たまねぎ、とき卵,Aを加える。2.フライパンに油を熱し、1.の1/4ずつを形良く整えて両面を焼く。3.付け合せの野菜とともに皿に盛る。

[PR]
by masakinono | 2005-03-18 15:16 | Comments(0)

平成17年第1回遠別町定例町議会(2/2)

3月10日に開会した第1回定例町議会は、14日から議員全員で構成された「平成17年度遠別町各会計予算審査特別委員会」(委員長 千葉光悦氏)が開会した。
①平成17年度遠別町一般会計予算
 歳入歳出の総額 3,427,000千円
  歳入の概要 町税 255,709千円(7.5%)、地方譲与税76,500千円(2.2%)、地方交付税1,850,000千円(54.0%)、使用料及び手数料73,232千円(2.1%)、国庫支出金159,330千円(4.6%)、道支出金164,882千円(4.8%)、繰入金309,338千円(9.0%)、町債346,300千円(10.1%)主なもの
  歳出の概要 議会費52,744千円(1.5%)、総務費75,923千円(22.2%)、民生費393,520千円(11.5%)、衛生費252,717千円(7.4%)、労働費685千円、農林水産業費331,272千円(9.7%)、商工費125,018千円(3.6%)、土木費360,520千円(10.5%)、消防費115,807千円(3.4%)、教育費301,219千円(8.8%)、災害復旧費1,384千円、公債費578,062千円(16.9%)主なもの
◎取り組む事業の概要
「自然を愛し産業活力豊かなまちづくり」
畜産基盤再編総合整備事業(80,542千円)、遠別地区道営中山間地域総合整備事業(31,158千円)、町民農園維持管理経費(1,476千円)、簡易直売所建設事業(1,300千円)、新規就農者誘致特別措置事業(2,600千円)、漁業担い手育成支援事業(1,200千円)、町有林造林及び保育事業(23,257千円)、留萌中部2期地区広域営農団地農道整備事業(45,000千円)、旭温泉施設管理委託料(40,000千円)
「すみよい環境を創る豊かなまちづくり」
公営住宅建設事業(155,583千円)、火葬場駐車場整備事業(5,000千円)、建設機械整備事業(24,116千円)
「思いやりと真心で安心に暮らせるまちづくり」
障害者支援費・知的障害者医療費(82,302千円)、放課後児童特別対策事業(1,496千円)、福祉相談員派遣事業(360千円)
「いきいき学ぶこころと創造性豊かなまちづくり」
北海道遠別農業高等学校教育振興会補助金(17,980千円)、小学校グランド整備事業(1,000千円)、中学校暖房設備取替事業(8,500千円)
②国民健康保険特別会計  予算総額 357,704千円(前年対比7.9%の増)
③老人保健特別会計    予算総額 523,842千円(前年対比3.4%の減)
④簡易水道特別会計    予算総額 256,711千円(前年対比17.9%の増)
   生活基盤近代化事業(薬注ポンプ取替)、量水器取替事業
⑤下水道特別会計     予算総額 386,905千円(前年対比4.1%の増)
   市街地の雨水管渠整備、コンポスト施設建設、個別排水処理施設設置事業
⑥介護保険特別会計    予算総額 534,844千円(前年対比1.9%の増)
⑦国保病院事業会計    予算総額 492,328千円(前年対比3.8%の減)
   一般会計から繰り入れ 151,830千円を見込む。年間入院患者10,950人、外来患者32,940人を見込む。

15日の総括質問、
【一般会計】
寺崎委員: ア)株式会社遠別観光公社株主に対する対応は、イ)施設の改修に対する負担割合は、ロ)利益の配分はどうするか、ハ)業務委託により町民の利益は。
回答、ア)従来行っていた株主招待などの取り組みは当面できない。イ)受注者の全額負担である。ロ)取締役会において検討し委託料で調整する。ハ)経費の節減、住民サービスの向上。
兼平委員: 町民農園の貸付について、団体はどのように対応するのか
回答、交流体験ほ場を設けている、利用の促進を図りたい。
【下水道特別会計】
穀蔵委員: 公債費の今後の予測は
回答、20年度が償還ピークとなる。
笹川委員: 住宅環境改善資金に係る損失補償が適用することがあるか
回答、無い
平成17年度予算7議案については原案可決。

午後2時から、本会議
議会報発行特別委員の選任が行われ、吉田議員、木村議員、笹川議員、滝田議員、寺崎議員が選出され、委員長に吉田議員、副委員長に寺崎議員が当選した。
平成17年度遠別町会計予算7議案を採決し、原案とおり決した。意見案1件を採択し、会期を1日残し閉会した。
[PR]
by masakinono | 2005-03-15 14:55 | Comments(0)

平成17年第1回遠別町定例町議会(1)

3月10日開会 会期を16日までの7日間と決定
10日 1、行政報告
(1)吹雪による通行止めの対応について
(2)町立国保病院院長の内定について
(3)林業災害復旧事業について
2、平成16年度各会計補正予算審査
  一般会計予算は、87,349千円減額し3,990,145千円とした。国民健康保険特別会計は、5,241千円を追加し385,904千円とした。老人保健特別会計は、10,935千円を減額し532,586千円とした。簡易水道特別会計は2,195千円を減額し217,071千円とした。下水道特別会計は、3,482千円減額し358,114千円とした。介護保険特別会計は1,783千円を追加し535,235千円とした。
3、平成17年度町政執行方針
川島町長が怪我で入院中のため、工藤助役が執行方針を述べた。
4、教育行政執行方針
5、平成17年度遠別町各会計予算案の概要
  平成17年度の予算規模、一般会計 3,427,000千円(前年対比14.6%の減)その他6特別会計2,552,334千円 合計額5,979,334千円(前年対比8.2%の減)
 平成17年度各会計予算の審議は、平成17年度遠別町各会計予算審査特別委員会(委員長 千葉光悦氏)に委任され、14日午前10時から議場において行われる。


11日 午前10時開会
1、一般質問  3氏が行った。
(1)穀蔵悦生議員・自立に向けた課題と展望について
         (工藤助役)自立の町づくり研究会の推進、情報の共有化。自治基本条例の制定と第5期遠別町総合計画の樹立を町民の主体性に期待する。
         ・厳しい財政状況をどう打開し、自立の道を歩もうとするのか
         (工藤助役)大型の事業が終了しているので後年度への負担増とはならない。財政シュミレーションを行い経費の節減に努める。
(2)寺崎邦昭議員・町立国保病院の今後の運営・管理について
         (工藤助役)固定医師2名体制を保持する。累積欠損対策は内部留保資金を充 当する。
・町道の除雪対策について
         (工藤助役)町が全ての機械を所有するのでなく、民間への委託等を考える。
(3)兼平忠義議員・留萌管内に第2国道を作るべき
         (工藤助役)留萌地域開発期成会など調査検討課題として問いかけをする。 
2、教育委員会委員の任命  清水光子氏を選出
3、条例の一部改正7件、制定1件、廃止1件の議案を可決した。
  
[PR]
by masakinono | 2005-03-11 15:58 | Comments(0)