カテゴリ:未分類( 417 )

目視でこんなに真直ぐとは!!!

隠れた名産品「まめ」
高い品質と人気

遠別町は、水稲の北限で知られておりますし、モチ米の安定した生産では、ライスセンターの設置により高品質米の出荷を行っております。田の転作跡地のメロンは「えんべつグリーン」「えんべつレッド」として糖度が高く好評をいただいています。しかし、畑作も盛んで、小麦・豆類・ビート(甜菜)・かぼちゃ・ジャガイモなどに取り組んでおります。特に近年、かぼちゃは有機栽培で行われ、安心で安全で糖度が高く美味しいと評判で、主に関東へ出荷しております。
写真は、大正金時の畑で、豆類も皮が柔らかく美味しいと評判で直売所「花菜夢」で人気品目です。
どうしてこのように、畝を真っ直ぐ作ることができるのでしょう、機械を使って、まっすぐに測ってる訳じゃなくて、オペレーターの目視でこのように直線を引くわけです。熟練の技ですね。
[PR]
by masakinono | 2004-07-02 17:02 | Comments(0)

遠別少年!!!坂川栄治氏

遠別町出身 ブックデザイナー 坂川栄治「遠別少年」

坂川栄治(さかがわえいじ)
1952年、北海道遠別町生まれ。凸版印刷、百貨店宣伝部を経て、87年に坂川事務所を設立。雑誌「SWITCH」のアートディレクターを創刊から4年間務める。その後、書籍の装幀を手がける一方、広告・PR誌・カタログ・CDデザイン・映画ポスターなど幅広いアートディレクションを行う。1993年に講談社出版文化賞ブックデザイン賞受賞。現在までに手がけた装幀本は2600冊を越える。代表作に、吉本ばなな「TUGUMI」、ヨースタイン・ゴルデル「ソフィーの世界」などのベストセラー作品がある。
昨年、自伝的小説「遠別少年」(リトル・ドック・プレス)を出版する。少年時代にすごした遠別の厳しい自然や友人、周囲の人々とのふれあいを短編にまとめている。出版を記念して遠別を訪れ講演会を行った「遠別時代に自然にふれたり、仲間と遊んだ思い出の蓄積があったから今の自分がある。田舎暮らしがマイナスなんかではない。都会で味わえない経験こそが大切なんです。」と語る。
私は、坂川君と同級生で、天塩高校の3年間同じクラスでした。背が高く、確かバレーボールを部活でやっていたと思う。学校祭のメイン行事の仮装行列はまさに、彼の得意とするところで、芸術的な作品を作ったものです。これからも、健康に留意して活躍してもらいたい。
[PR]
by masakinono | 2004-07-01 09:33 | Comments(0)

旭温泉 新浴室平面図

新浴室の平面図です。
中央部に家族風呂が設けてあります。
お湯は旭の湯です。
左側の浴室は、和風のイメージで、旭の湯を使い半身浴槽もあり、露天風呂は富士見の湯です。
右側は、前ページのイメージで旭の湯、富士見の湯両方あります。
露天風呂は旭の湯で、歩行浴槽が併設されており、健康増進に利用してほしいものです。
[PR]
by masakinono | 2004-06-23 17:06 | Comments(0)

新たな農業の取り組み

遠別町の農業は、これまで明治30年開拓が始まり、昭和35年には農家人口737戸となったが、現在207戸と激減している。農地の荒廃も進み約1.9%と増加している。このことから、新たな、担い手の取り組みがされている。一方、町の雇用の約30%を閉める建設業の縮小により、他産業への参入を模索し、農業への参画を図っている。平成14年から農業生産法人の設立が始まり、4社が設立されている。有限会社アリタは有機かぼちゃ、大豆。グリーンファームえんべつは有機ながいも、有機かぼちゃ。有限会社みらいファームは、慣行ビート。三色アスパラ生産組合は有機アスパラに取り組んでいる。
写真は、三色アスパラ生産組合の井原さんです。グリーンアスパラ、紫アスパラ、ホワイトアスパラを作付けしています。収穫は、平成17年からです。
[PR]
by masakinono | 2004-06-21 13:52 | Comments(0)

えんべつのMAP

(えんべつ全域MAP)

遠別町の観光施設をお知らせします。観光の核は、道の駅「富士見」を中心として、富士見ヶ丘公園、河川公園、みなくるビ~チ等の富士見地区です。道の駅「富士見」はレストラン「とんがりかん」、特産品直売所などが設けられ、多くの人で賑わっております。みなくるビ~チは最北の海水浴場として親しまれており、7月17日オープンです。富士見ヶ丘公園は、パークゴルフ場2箇所、キャンプ場、ケビン、バーベキューハウスなどが広大な敷地に設けられております。
金浦原生花園は、エゾカンゾウ、ゆりなどの花が見所の自然公園です。
旭温泉は、国道から6km山側に入った静かな1件宿です、泉質はナトリウムー塩化物泉(旧、含ホウ酸・食塩・炭酸鉄泉)で良質なお湯が人気があります。
[PR]
by masakinono | 2004-05-26 10:23 | Comments(0)

遠別町の自己紹介(2)最北の水稲

a0020497_123643.jpg
写真:最北の水田
遠別川の清らかな流れが作り出す肥沃な大地に恵まれ、最北の水田地帯として稲作を中心に発展してきた遠別の農業。昭和57年からもち米生産へ移行し、高品質でおいしい米を届けるための努力の結果、現在では道内屈指のもち米生産地として高く評価されています。
 また、メロン、ホウレンソウ、アスパラガスなど野菜との複合経営も盛んで、中でもメロンは「エンベツレッド」「エンベツグリーン」という銘柄で、各地へ出荷されています。
 日本海に面した緑の丘陵には酪農地帯が広がり、乳質改善のための取組み、担い手の育成や酪農ヘルパー制度の充実などに努めながら、ゆとりある暮らしを実現するための酪農経営が行われています。
 町の面積の約88%を占める森林を背景に営まれる林業は、資源の保護・造成を行いながら自然と調和させた経営が図られています。
森林の果たす役割は、レクリエーションや憩いの森として、また、水源かん養や川・海を浄化するなど、人々が生活していく上で重要なものとなっています。
[PR]
by masakinono | 2004-05-22 12:37 | Comments(0)

えんべつにも春

a0020497_104758.jpg最北えんべつにもようやく春がやってきました。
富士見ヶ丘公園の桜が開花しました。
バーベキューハウスやステージの周辺は多くの桜に彩られています。
これから、えんべつは花のシーズンに入ります。
エゾカンゾウ、ゆりなどの豊富な金浦原生花園。
国道沿いには、花壇が設けられており道行く人の目を楽しませております。
5月16日は富士見ヶ丘公園野外ステージで「山菜まつり」が開催されました。
山菜料理の無料試食、配布あり、ステージでは、ポップス、演歌の歌謡ショーが
行われました。
[PR]
by masakinono | 2004-05-17 10:49 | Comments(0)