番外編Ⅲ・・・高砂酒造訪問(北吹雪の蔵)

北吹雪もこの蔵から

盛夏の旭川は、予想に反して過ごしやすい気温、それでも26℃。歴史ある酒蔵、高砂酒造の「北吹雪」を訪ねました。醸造工場は昭和5年に建設された鉄筋コンクリート3階建ての重々しいものです、ここで北吹雪が誕生します。写真の建物は、展示場と直売所になっております。道路の向かいに工場があります、事務所と、試験室等も入っております。一歩工場に足を入れると、そこは冷涼で、麹の香りが漂ってきます、大きなタンクの中で米が一瞬の間にも美味しい酒に変化していると思うと不思議ですし、期待もできます。日本酒度+3やや辛口の北吹雪もこの中でゆっくりと出荷を待っています。もう一方の建物は、ポリタンクを持った人が沢山おります、酒つくりに使用する水が、蛇口から提供されております。売店で購入した。特別純米酒「蔵酒一番しぼり」たっぷりと冷やしていただくと、芳醇な香り、舌にからまる甘味が上品ですばらしい。
以前は、遠別町内限定だった「北吹雪」今は、どこの酒屋さんでも購入できます、店頭に無ければ問い合わせてください。一度ご賞味ください。
[PR]
by masakinono | 2004-08-15 11:13 | Comments(0)
<< ポニーばん馬大会開催される 変なチラシが・・・今朝の新聞に >>