遠別少年  13のストーリーズ   坂川栄治著

a0020497_16193725.jpg
北海道北部にある小さな町「遠別(えんべつ)」。遠別町出身の装丁家による短編集、日本とは思えないほどの強風と地吹雪の中、あるいは短い夏の日差しの下、装丁家になった彼が、遠別で送った少年期を友人や、家族や、近所の人、親戚のおじさんたちと、過ごしていた時間をみずみずしく描いている。
2003年リトル・ドック・プレス刊「遠別少年」に今回書き下ろし「石ころ」を加え光文社から文庫版。

収録は「白い煙」「石ころ」「麦と祖母と飛行機」「オレンジ色」「ブンパ」「赤い雪」「刻まれたもの」「火の見やぐら」「タンス」「階段湖」「手」「山おっちゃん」「大森林」の13編
[PR]
by masakinono | 2008-01-31 16:20 | Comments(0)
<< 第28回えんべつ冬まつり 道の駅「富士見」特産品直売所 >>