黄金の稲穂

a0020497_117373.jpg

春に植えた、米が黄金に輝いています。まもなく稲刈りが始まります。今年は夏が降雨が少なくて、水田とはいえ水不足になっていました、その影響なのか昨年に比較して収量が少ないようです。遠別町では「はくちょうもち」「風の子」というもち米を二種類植えています。
農家にとっては、一年の成果を決める大事な作業が稲刈りです、大型のコンバインで刈り取り、ライスセンター(乾燥調製施設)に運び込まれて玄米まで仕上げます。
[PR]
by masakinono | 2007-09-18 11:15 | Comments(0)
<< 開発道路名寄遠別線 北海道「道の駅」フェスティバル >>