活気あふれる遠別漁港

a0020497_1027762.jpg


遠別漁港では、ホタテの稚貝(1年生の貝)を出荷が最盛期を迎え、早朝から漁業者やパートの主婦らで活気づいています。沖合の海中で篭に入れて一年間育てた稚貝は3~4センチに成長しており、漁港の岸壁の作業場で選別して、トラックに積まれてオホーツク沿岸に出荷されます。
遠別漁協のホタテ稚貝の出荷は4月上旬から約20日間、生産高は全水揚げ額の55%を占めます。
[PR]
by masakinono | 2007-04-10 10:58 | Comments(0)
<< 下水道処理場(浄化センター)見学 ふきのとう >>