ふきのとう

a0020497_14315427.jpg


長い冬が雪解けと共に終わりを告げて、それぞれ動植物が活発に動き始めました。日当たりの良いところに「ふきのとう」が芽を出してきました。ふきのとうは天ぷらや味噌で炒めてフキ味噌にして食べることが出来るようです。これから遠別は山菜の宝庫で恵みを与えてくれます。5月20日(日曜日)には富士見ヶ丘公園を会場に「山菜まつり」が開かれます。
[PR]
by masakinono | 2007-04-05 15:04 | Comments(0)
<< 活気あふれる遠別漁港 道の駅「富士見」/国道232号線 >>