シーニックバイウェイ「萌える天北オロロンルート」


a0020497_1771666.jpg


1月22日に遠別産業経済連携会議が開催されました。この会議は、町内の産業・経済団体の代表で構成されて、情報の共有化を図る目的で設立されています。

22日の会議では、留萌管内の青年活動の人たちで取り組んでいる、シーニックバイウエイ「萌える天北オロロンルート」の構想について運営代表者会議から説明を受けました。

萌える天北オロロンルートの趣旨
住民レベルでの、お隣のマチと手をつなぎ、他所からのお客さんに等しく地域を紹介し助け合うことからはじめ、ここに住み続けることに誇りを持って後世に伝えていく。
 1.管内9市町村埜ネットワーク、マチづくりのツール
 2.食、観光、景観資源を見直し、活動源として発信してゆくツール
 3.価値が認められ、また継続可能な地域、組織を作るツール
と捉えて、満足できる郷土づくりを担っていく。

平成19年の活動計画 
 1.フリーペーパーの発行(年4回)
 2.「FMもえる」の放送
 3.ひまわり、なたね油のクリーンエネルギーの調査研究
 4.フォトコンテスト
 5.景観診断
 6.道の駅弁
 7.エゾカンゾウの栽培
「萌える天北オロロンルート」は、平成19年秋の指定ルートに向けて取り組んでいくことになっています。

詳しくは、シーニックバイウエイ北海道推進協議会事務局
http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_doro/sbh/index.html
[PR]
by masakinono | 2007-01-23 17:08 | Comments(0)
<< 暖冬 遠別漁業のはじまり >>