遠別農業高校発!レトルトカレー


a0020497_13285444.jpg
遠別農業高校では、地産・地消と交流をテーマに地域や学校で生産された食材を生かして加工や保存性を高めるために調査研究に取り組んでいる。
第一弾として、レトルトカレー(ビーフ、シーフード)と福神漬け取り組みを始めた。ほとんど材料を学校農場で生産し加工分会の生徒が研究した。
このほど出来上がった製品を発表し、「苦労して作ったので、商品化していきたい」と意気込みを語った。
[PR]
by masakinono | 2006-11-28 13:29 | Comments(0)
<< 12月10日は漁組の年末大売出し 遠別の特産品・産業振興公社から >>