えぞかんぞう満開

金浦原生花園のえぞかんぞうが満開となりました。

エゾカンゾウ (蝦夷甘草)、エゾゼンテイカ、ニッコウキスゲ  ユリ科

花期: 6月中旬~8月上旬

草丈: 50~70 cm程度

和名の由来: カンゾウ(甘草)は葉がクセのない味がすることからか?薬用植物の甘草(マメ科)とは異なる。別名のゼンテイカ(禅庭花)の由来は不明。キスゲの由来は、葉が細長くてスゲの葉に似ていて黄色の花が咲くことから。

生育地・特徴等: 湿原、山地や海岸の草原に生える多年草。葉は柔らかく扁平。橙黄色の花は数個が茎先につき、長さは8~10cm。朝開花して夕方に閉じる。よく似たエゾキスゲの花はレモンのような鮮やかな黄色で、茎先に1~数個つき、夕方に開花して翌日の午後に閉じる。
[PR]
by masakinono | 2004-06-15 16:12 | 地域 | Comments(0)
<< 恋絆の樹 フレッシュ市場「花菜夢」オープン >>