牧草の刈り取り作業が本番

a0020497_919169.jpg
町内の酪農家では、冬の間牛く食べさせる牧草の収穫作業が本番を迎えています。機械で刈り取りされた草は1日乾燥されて大型の機械を使って丸く固められます。広い牧草畑には丸められた牧草(ロール)が点々と広がります。このロール1個は約300kgあって乳牛30頭が1日に食べることが出来ます。
a0020497_9191365.jpg
ロール牧草は、このまま保存されるものと、プラスチックフイルムを巻きつけラップ牧草にされるものがあります。ラップ牧草は白、青、黒などがあり、この時期の北海道の酪農(草地)の景観を作っています。

[PR]
by masakinono | 2006-06-16 09:39 | Comments(0)
<< 「エゾカンゾウ」黄色い絨毯 安心・安全な生産物へ >>