緑の草が美味しい・放牧の始まり

a0020497_1681033.jpg

冬の間狭い牛舎で過ごしていた牛たちも、今日から広い牧場で秋まで過ごします。
5月26日、北里牧場に入牧(牧場に牛を放すこと)が行なわれました。北里牧場は、面積が456haあり乳牛約300頭が放牧されました。運営は有限会社遠別町酪農振興公社(小林一之社長)が行なっており、退牧(牛を牧場から連れて帰る)の10月下旬まで大事に育てられます。
[PR]
by masakinono | 2006-05-26 16:45 | Comments(1)
Commented at 2006-05-29 21:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 森づくり・遠別町植樹祭が開催される 豊穣の出来秋に期待して・最北の... >>