日本最北の純米酒「北吹雪」

母なる海、日本海。その懐にいだかれた町・遠別町。深く蒼く澄んだ海の彼方には、秀峰利尻富士を望み、古くから森と海が心地よく共存する、安らぎの町として栄えてきた。その遠別町は日本最北の米どころであり、北限のもち米「はくちょう」の産地でもあります。
純米酒「北吹雪」は、冷涼な気候風土の中でしっかりと味わいを膨らませた遠別産もち米だけを使った「もち米100%純米酒」です。
もち米だけの醸造は、減量の高さと仕込み手間の難しさから酒造りとしては敬遠されてきたのですが、製造を旭川の高砂酒造に依頼し選ばれた杜氏さんが見事にその優しい香りとまろやかな口当たりを醸す純米酒を造り上げました。
端麗辛口で、冷やして飲むのが最適です。
1,800ml・・・1本 2,450円 720ml・・・1本 1,300円 300ml・・・1本 450円
取り扱い店
JAオロロン遠別支所 01632-7-3464、吉田商店 01632-7-2008、広瀬商店 01632-7-2002、古行商店 01632-7-2032、津田商店 01632-7-2014、林商店 01632-7-2727、内山酒店 01632-7-2037、中央スーパー遠別店 01632-7-2300、えんべつリゾート 01632-7-1188
[PR]
by masakinono | 2004-06-01 11:28 | 地域 | Comments(0)
<< 静かな山間にある秘湯「旭温泉」 とんがりかん >>