稲の種まきが始まる

a0020497_13345153.jpg
気温も上がってきた、このごろ、遠別の水稲農家では一年の作業の幕開けでもある、稲の種まきが始まりました。久光地区の木下博さん宅でも22日から家族やパートの人たちの手で種まきが行われています。雪の多かった今年は平年より4,5日遅れての作業開始となりました。

a0020497_133514.jpg作業場では、機械で種が播かれていきます。木下さんは作業の様子を見ながら、機械のスピードを調整をしていきます。出来上がったものは、車に積み込んでビニールハウスに運ばれ、平らに整地されたところへ、綺麗に並べて行きます。
この後温度、湿度の管理をしながら5月下旬の田植えまでここで育てます。

[PR]
by masakinono | 2006-04-23 13:52 | Comments(0)
<< 遠別町観光協会通常総会 春が遠くなりにけり >>