暖かさ満喫・旭温泉

a0020497_1311259.jpg

日本海オロロンラインの国道232号線の「旭温泉」の看板から山へ6キロ進むと隠れた秘湯と呼ばれている「旭温泉」があります。昭和54年の開湯以来、名湯(ナトリウムー塩化物泉)として親しまれてきました。昨年4月浴室のリニューアルにより、浴槽が大きくなったのと、道の駅富士見にある温泉井から運び込んだ富士見の湯(ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物泉)の2湯を楽しむことが出来ます。露天風呂、家族風呂も新設されました。
a0020497_13111633.jpg露天風呂からの眺望は、一面の雪。周りの森林も真っ白な綿帽子をかぶっています。春は桜、秋は紅葉と彩られた山々も今は白と黒のモノクロの世界となっています。
a0020497_13112688.jpgこの季節の旭温泉は、深い雪につつまれています。暖かいお湯を求めて多くの人が訪ねてきます。
旭温泉 電話 01632-7-3927 日帰り入浴 午前8時~午後10時 大人500円、小人200円 
宿泊 一人一泊 6,400円から 
営業は年中無休

[PR]
by masakinono | 2006-01-23 14:05 | Comments(2)
Commented by Hagino-Iburi at 2006-01-31 23:25
masakinonoさん、お久しぶりです。
それにしても、けっこう広々としているようで、気持ちよさそうですね。
この冬のうちに機会を作って訪れたいと思ってます。
Commented by masakinono at 2006-02-01 08:44 x
hagino-iburiさん、コメント有難うございます。是非来て下さい。旭の湯は以前から薬効豊かとして知られています。皮膚病特に”うるし”に負けたときは病院より早く治ります。以後の記述ははマル秘ですが、歩けなかった人が1週間で歩いて帰った、乳がんの手術の後遺症で手が上に上がらなかった人が旭に入って上がるようになった、胃がんの手術後旭に入り続けて30年再発なし、などなど、2番と3番は事実です。こんな、お湯を楽しみにしてください。
<< 番外編・・・さっぽろ雪まつり 初漁・遠別漁港 >>