番外編・・・そば屋八右ヱ門(幌加内町)

a0020497_1251209.jpg

そば栽培やそばまつりで有名な幌加内町の有名店「八右ヱ門」。店主の鈴木国明さんは、山形出身の脱サラ。旭川市内で「唐木屋」と言うそば屋を営んでいたが、最高のそば産地での営業を目指して幌加内へ移住し開店した。
a0020497_12513211.jpg

濃厚な鴨のだしが、コシのある二八蕎麦にからんで喉を通過する。分厚い鴨肉はジューシー。
a0020497_1251424.jpg
店の入り口は、2箇所。幌加内町役場側からの入り口を入ると、古民家そのまま、座敷に通されゆっくりと蕎麦を味わうことが出来る。右側の入り口から入るとテーブル席が2つ、カウンターが3席。のれんの奥が厨房。
超人気店につき、昼食時間は合い席、又は待つこと必須。「揚げ蕎麦まんじゅう」も絶品。
[PR]
by masakinono | 2005-10-21 12:58 | Comments(0)
<< 甜菜(ビート)収穫作業が最盛期 紅葉は北から?高いところから? >>