町有林の植栽(緑の森つくり)

a0020497_1323732.jpg
遠別町では、緑の森をつくり環境を保全するために未立木地(木の生えていないところ)を重点に植林を行っています。今年の植栽は、トドマツを植えました。川の流域などでは、広葉樹を植えたりしながら、空気と水を守るために山を守っています。向かいの山がスジが入っているように見えますが、そこが植栽の後です。a0020497_13231775.jpg
笹を刈り払い1本づつ手で植えていきます。苗木は、太さが10センチ以上、高さが30センチ以上で1mの間隔でヘクタール当たり2,500本を植えます。これから、長い年月あおかけ、風雪に耐えてゆっくりと成長していきます。
[PR]
by masakinono | 2005-10-13 13:49 | Comments(0)
<< 紅葉は北から?高いところから? 番外編・・・小樽・蕎麦屋・藪半... >>