田植えが始まりました

最北の稲作地帯、遠別町でも田植えが始まりました。
a0020497_10473328.jpg
今年の田植えは22日から始まりました。例年であれば17日くらいから始まるのですが、約5日遅れのスタートです。
a0020497_10474423.jpg遠別町の水田面積(作付け)は、530haです。品種は「はくちょうもち」が9割、「風の子」が1割となっております。昨年の収量は44,800俵です。ほとんどが、出荷されて赤飯やお餅に変わります。このもち米を100%使用した純米酒「北吹雪」があります。
a0020497_10475320.jpgこの日は気温が15.7℃と上昇し田植えの条件がそろい、町内各所で作業が始まりました。こちらの小山倬甫さんは、「今年は気温が低かったのと日照が少なかったので、苗の伸びが足りない。」と語っている。家族が苗をハウスから運搬し、機械で植え付けを行っている。

今年は、昨年のように、台風や地震など自然災害などがなく、豊穣の出来秋に期待したい。
[PR]
by masakinono | 2005-05-23 11:26 | Comments(0)
<< 北里牧場、牛の入牧始まる 「さくら」咲く。 >>