南山の元気印アワー(FMもえる)

遠別町で農業を営む南山仁嗣氏がパーソナリティを努めるFMもえる土曜朝9時30分から「南山の元気印アワー」。
4月30日の放送内容を紹介します。この放送に先立ち、28日に道の駅直売所(えんべつリゾート開発㈱)を取材に訪れました。
a0020497_14491644.jpg

a0020497_14492517.jpgFMもえるは、道内18番めのコミュニティFM放送局として平成16年10月24日に開局しました。
スタジオはJR留萌駅2階に設け、アンテナは留萌郊外の千望台に設置されています。周波数 76.9MHZ  受信エリアは留萌市から半径約30キロの範囲です。

この日30日の放送は、最初に遠別の少年団活動の様子を、柔道・剣道の団員のインタビューを交えて紹介されています。次は、天塩高校弓道部が芦別市で開催された中部地区弓道大会で、男子が優勝、女子が5位になった活躍を紹介しています。次は南山氏も参加する日本海オロロンライン国際大会の日程が8月21日に決定し、リレーの部では3人のうち2人の高校生の参加や女子3人の参加が認められました。次の話題が、道の駅富士見での取材をテーマーに紹介されています。直売所の菊谷さんへインタビュー「自慢のソフトクリームを食べてください。今年から唐揚げ丼を始めたので利用して欲しい」。また、この直売所ではご飯に留萌産ななつぼしを使用している、南山氏は農産物の地産地消にも取り組んでおり、これを使用することを提案していた。
この日の放送は「自分では落ち着きが無かった」と話す、天気が良くなってきて、ハウスに播いた稲の種のことが気になった、とのこと。遠別の農・食や地域に関した話題を元気一杯放送している。
[PR]
by masakinono | 2005-05-02 15:14 | Comments(0)
<< 番外編・・・(そば)札幌 正直... ビート(てん菜)の定植始まる >>