エゾノリュウキンカ

a0020497_21161130.jpg


「エゾノリュウキンカ」
普段は、「やちぶき」と呼んでいます。沢の湿地に咲きます。融雪からいち早く黄色い姿を見せます。
「水芭蕉」などと同じような場所に生育しています。この時期には、エゾエンゴサクやカタクリなどが野原を埋めています。
[PR]
by masakinono | 2013-05-12 21:26 | Comments(0)
<< さくら 鷲たちとボクの30年 >>