えんべつ冬まつり盛り上がる

第25回えんべつ冬まつりが12日前夜祭、13日とマナピイ駐車場で開催された。
a0020497_15274558.jpg
12日の前夜祭は4時に開会し、雪像の引渡し、雪中迷路や滑り台が開放され、多くの子どもたちで賑わった。商工女性部が訪れた観客に暖かい食事を提供しようと、おでんやそば・うどんなどの模擬店を出店した。花火も好調で、歓声が上がっていた。

a0020497_15275987.jpg
昨年は雪不足で中止となった雪像コンテストも復活し、6基の雪像がそろった、菅原政則さん製作の「ビリリダマ」が1位となった。恒例の雪中玉入れ大会には11組がエントリーし、決勝では小学6年生にチーム「最強チーム」が優勝した。

a0020497_15281347.jpg
これまで中断していた、スノーモービルランドも久しぶりの開園となり、子どもたちの長い列が出来ていた。このほか、ビンゴゲームや宝探しゲームなどが行われ子どもから大人まで冬の一日を楽しんだ。

今年の冬まつりは、前夜祭開始直前まで吹雪で花火大会の開催が危ぶまれた、13日の本祭の早朝から降雪が多くなり、急遽除雪車の出動となり、実行委員は対応に追われた。しかし、本番には、吹雪も、降雪も収まり前回以上の多くの人出となった。
[PR]
by masakinono | 2005-02-16 15:55 | Comments(0)
<< 番外編ⅩⅠ…喜香庵(そば) 第25回えんべつ冬まつり準備快調 >>