えんべつ冬景色

遠別の歴史と文化を運んで

遠別川は、ピッシリ山に源を発し、悠々と日本海に注いでいる。豊富な水量は、稲作を支え、人々の喉を潤す。
この季節の水面には、天からの使者、雪が列を成して日本海へ向かう。
 
日本海からの季節風によって、西側の枝が無くなって。それでも、生命は雪の中、春を待つ。
[PR]
by masakinono | 2004-12-22 11:55 | Comments(0)
<< 番外編Ⅸ・・・トナカイホワイト... 広報えんべつ12月号 >>