秋の忘れ物


a0020497_21181552.jpg



秋が深まって、草木の色は濃い茶色へと変化して行きました。常緑樹のトド松が緑、笹がようやく薄い緑が景色の中心になっています。白樺の木は寒々と白い肌がさらに透明感を増しています。
その黄色い葉は、いくつかの木々にほんの少しだけ残って、かすかな日を浴びて残りわずかな時間輝いています。
[PR]
by masakinono | 2011-11-15 21:22 | Comments(0)
<< 春の使者「白鳥」 黄葉 >>