冬仕度、放牧牛も我が家へ

10月21日、22日の2日間で、北里牧場の退牧が行われました。5月20日に入牧してから5ヶ月豊富な牧草に恵まれ、すくすくと育ち、冬間近となったこの日に我が家へと帰りました。この施設には、346頭の牛が肥育されており、今年も全頭無事帰ることができました。牧場は、平成15年から遠別町酪農振興公社(小林一之社長)が運営しており、この日の作業も、構成員である、酪農家と遠別町職員・農協職員があたっております。

牧場から、集められた牛は消毒と体重測定が行われます。

トラックに載せられ我が家へ
[PR]
by masakinono | 2004-10-25 10:47 | Comments(0)
<< 初雪・・・あー、冬が 広報えんべつ10月号 >>